1日程度ならあまり影響が少ない

1日程度ならあまり影響が少ない

亜鉛を含む牡蠣を大量に食べてしまったら?牡蠣が美味しい時期になると、1度にたくさん食べたい方も多いと思います。亜鉛の過剰摂取による影響を知っている方は、短期間で大量に食べても問題ないか気になるところでしょう。

 

■ 1日くらいなら問題ない場合が多い
人には体に不要な栄養素は体外に排泄する働きが備わっています。そのため1日に大量の牡蠣を食べたくらいでは、副作用が出るケースは少なくなっています。1日の目安は牡蠣5個分、最大でも15個食べると亜鉛の摂取量からするとギリギリの範囲です。これを目安に食べてみると良いでしょう。

 

■ 大量に食べた翌日は中止すべき?
大量に牡蠣を食べると、翌日は亜鉛サプリの服用を中止すべきか気になる方も多いでしょう。亜鉛自体は毎日排泄されるもので、1日過ぎたら大抵消費されています。もし気になるようなら中止し、服用する場合も夜にするなど時間をずらしましょう。

 

■ 牡蠣を食べない日は摂取量に注意
牡蠣を大量に食べたからといって、長期間亜鉛が体に蓄積されるわけではありません。1日に大量に食べたくらいでは副作用が出にくいのと同じで、不要なものは排泄されるため、毎日こまめに補給してください。牡蠣以外にも肉類や魚類などにも含まれていますから、バランスの良い食事を心掛けましょう。