牡蠣を大量に食べても精力アップしない

牡蠣を大量に食べても精力アップしない

牡蠣に含まれる亜鉛を摂取すると、精力アップに繋がるわけではありません。亜鉛を摂取とEDに良いといわれる理由を知ってから食べるようにしましょう。

 

■ 亜鉛は男性ホルモン生成に必要
男性ホルモンを作るためには亜鉛が必要となります。もしEDの原因が男性ホルモンの不足であるなら、亜鉛が役立つ可能性はあるでしょう。男性ホルモンの量がアップすれば生殖機能が改善しますから、EDが改善したと感じることがあります。

 

■ 亜鉛は精子を作る材料に
亜鉛は精子を作る材料になります。不妊治療で精子の量が少ない、精子の活動が悪いと診断された方は、亜鉛の摂取により改善する可能性があります。亜鉛はたんぱく質の合成に必要で、健康な細胞の分裂に重要なミネラルです。

 

■ 損傷を受けた細胞を改善する
もしストレスなど活性酸素により細胞がダメージを受けていたら、亜鉛の細胞を修復する機能によりEDが改善する可能性があるでしょう。現代人は様々なストレスにさらされているため、体のサビを防ぐ目的で亜鉛は役立ちます。

 

牡蠣に含まれる亜鉛の効果がわかったでしょう。亜鉛自体が精力アップを促すというより、精子の質を良くする・男性ホルモンが増える・生殖機能の修復などの効果によって改善されるのです。もしEDの原因が亜鉛では無い場合、牡蠣を大量に食べても改善したという実感は感じにくくなっています。